おすすめ教材


望診を理解するための基幹教材

鹿児島の外科医 有川貞清先生が半生をかけて掘り起こした、古代望診法の教科書です。

気と経絡を感知しよう、東洋医学を学ぼうとするものには必須の参考書となります。

 

経絡に対する理解を深めるための教科書

 

 

有川先生の直弟子 加藤淳先生(鍼灸師)による経絡の研究をまとめた本。

経絡に対する考え方、捉え方が根本から覆されます。

鍼灸を学ぶもの必読の書です。


最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ