気と経絡の研究会

脈診のコツ

脈を診るにはまず中脈というものを診るわけだが、その大切さという事を改めて考えさせられた。

まず診るべき中脈。脈の判断基準となる中脈は胃の気の脈ともいうが殆どの患者は胃の気の脈には虚実がないと言われる。つまり感知しやすく基準にしやすい。
この脈が伝わってくる状態を診るのに脈が糸をはったようにピンとなっていればよいのだが、たいてい動脈が少し曲がっている。

例えば関上の脈の部位、つまり橈骨茎上突起の部位は少し高く盛り上がっている。その両端はこの盛り上がりに対して凹んでいるわけだからアーチ状の橋のようになっているわけである。

この脈のかたちに沿って指を平らに当てなければならないのだが、指のほうを平らに並べてしまっては意味がない。脈のかたちに沿って指を当てなければならない。

以外とこのような初歩的なミスをいまだにしているのではないか?

注意したい点である。

その中脈から浮かしてみて指の腹を突く場合は浮脈である。

(※指導する先生によって違う見解を示す場合あり)

脈の基本の浮沈虚実を診るのに中脈がはっきり感知できなければ判断に迷うわけだから大事なことである。

次に、脈にあてる指の圧について。

難経の五難に脈を診るときの強さについての記述がある。
よく寸口の脈だけがはっきりせず虚と感じる場合、だが寸口と尺中は陽と陰で、陽である寸口は浮いている。対して尺中は陰だから沈んでいるのが普通なのだ。

五難には寸、関、尺の脈を診る強さを三対六対九と記述されている。

もっともこれは分かり易く具体的な数字で表したのであろう、実際に脈を診るときには、ここまではっきりとした数字的な差はない。
だが、そういう意識を持って脈を診なければ判断を誤るのであろう。

注意したい点の第2である。

次は指をあてる位置について。

時々、来る患者が腎虚や肝虚ばかりということがあった。
おそらく中指が茎状突起にちゃんと乗っていなくて尺中の方にずれていたのではないか。

これは患者の手首が屈曲しすぎていても起きる現象である。逆に肺虚や脾虚が多くなるのは逆に手首が背屈しすぎているときに起きる。
これは寸口の脈をしっかりと診ようと頑張りすぎた結果であるらしい。

脈診における注意点の第3である。

脈を診るときの前後のズレ、左右のズレ、そして指にかける圧(深さ)

慣れてくると微妙に狂っている事に気がつかなくなる。
常に初心を忘れず脈に接しようと思う。

さて、次に脈診における指の形と沈め方だ。

三本同時に沈めて診るか、一本ずつ沈めて診るかという問題だが、やはり三本同時に沈めて診るほうがよいらしい。
らしい、と言うのは大家といわれる先生でも三本派と一本派に分かれるからである。

ただ、初心者が脈診を覚える場合は三本同時に診るということを覚えたほうが良い。

理由は、まず脈を診る場合に脈の強弱だけでなく脈所の皮膚の状態を感じ取るようにし、次に脈の幅を診る。脈の幅とは中脈からの陰、もしくは陽といった脈の幅のことである。

そして、その脈の幅を、血流を止めない状態で診なければならない。初心者は脈の深いところを診ようと、脈がつぶれて血流が阻害されるくらいに押しつぶしてしまうので、よく注意しなければならない。

そして脈に指を当てた指を同じ形のまま上げ下げして、この脈の流れを判断する。その全体の流れを把握するためにはやはり三本同時に脈を診るということができる必要がある。

ただ、詳しく診ていく場合一本ずつの判断も加えてよい。

脈がよく分からない場合、基本に帰ろう。

中脈から浮沈を診て判断しているか?
指の当たっている位置は正しいか?
患者の手首の形や角度を考慮しているか?
脈を診る指の圧は正しいか?

あらためて注意して脈を診ようと思う。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional