気と経絡の研究会

鍼灸と整体

かつて、ある経絡治療の学術団体を代表する経絡治療家が往診を頼まれた。
手が痛くて動かないから何とかして欲しいという依頼だった。
診察後、その経絡治療家はおもむろに、患者の前腕を握り静圧を加えた。
パキッという整復音ののち痛みが激減し、さらに経絡治療を施し、患者の苦痛を回復した。

経絡治療家といえども経絡の変動がなければ、まず最も有効な手段をもちいて患者の苦痛を取るべきである。

「私は経絡治療家だから揉まない(マッサージしない)」と言い切る鍼灸師の方がいらっしゃるがバカじゃないかと思うし、そもそもマッサージ師の方に失礼である。

あくまで経絡治療にこだわるのは勝手だが、苦痛を耐えるのは患者である。へんなこだわりのために、患者の苦痛を長引かせてはならない。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional