気と経絡の研究会

飼い犬たち

「脈診もするし、経絡治療から中国鍼までなんでできるよ」

こんなセリフを吐く鍼灸師がいる。

なんでもできる、やれるというのは結局どれも中途半端な技術しかもっていないということを自ら認めているようなものだということに本人は気づいていない。

「一通りは学んだが、自分の専門は〇〇だから、〇〇以外はやらないよ」
こう言える鍼灸師はある程度信頼できる。

あなたの専門はなにか?
その技術に経絡治療を選択していただけたら、嬉しい限りである。

では、経絡治療と整体術は矛盾しないのか?結論から言うと「しない」
そもそも違う分野の施術法であるが、それらは相互補完ができる治療技術である。
そして、経絡治療の欠点や矛盾点を補ってくれるのが整体術ではないかとさえ思っている。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional