マッサージの練習で腱鞘炎になった話

目安時間7分

マッサージのやりすぎで、腱鞘炎になりました(泣)

開業前の話ですが、練習のつもりでマッサージのサービスをやったことがあるんです。

 

意外にも好評で、お客さんはいっぱいに。

 

これはいけると思っていたのですが、1か月でギブアップ!

 

腱鞘炎になってしまったのです。

 

それに揉みほぐし系(ほぐし、指圧、マッサージなど)の技術はただ押せばよい、もんでいれば良いというわけではありません。

 

それで効果をだそうとすると、かなりの修練を要するのです。

 

一度でもリラク系のお店に勤めた方なら分かっていただけると思います。

 

すぐ腱鞘炎になります。

 

まあ、もともと関節が頑丈で、力が有り余っている方ならよいかもしれませんが。

 

私はお気楽にいきたいので。

 

でも、ほぐし系をやってはいけないわけではありませんよ。

 

らくっと整体でとりあえず稼ぎながら。

 

ほぐし系技法も練習していただければ良いと思います。

 

そして、できるようになったら・・・

 

自分でやるのではなく、人を雇って、ほぐしは任せましょう。

 

仕上げに院長である、あなたが整体で整えるのです!

 

そのほうが、かっこいいでしょう?

 

どうせ「ほぐし」をするなら技術を修得すべき

「ほぐし」という言い方は法律対策なんですよね。

 

マッサージというと、無資格者は按摩マッサージ指圧法に抵触するんです。

 

なので、やっていることは「指圧」「マッサージ」でもその用語は使えません。

 

ですから「ほぐし」と。

 

なんだかな~と思います。

 

でも、どうせやるなら有資格者に負けないくらいの技術を修得しましょう。

 

「ほぐし」は施術者として学ぶべき基本手技だと思っています。

 

患者の体を丹念に揉みほぐすことで、体の構造や、どうすれば筋肉が緩むのか、などを学びます。

 

どうせやるなら、勉強しましょう。

 

患者様で、勉強させていただきましょう。

 

リラク系でお金を稼ぐためだと割り切って働いているんだと言われている方、もったいないですよ。

 

割り切る必要なんてありません!

 

それは将来のための大切な勉強です。

 

筋骨格の解剖の教科書と照らし合わせながらマッサージしましょう。

 

筋肉の質も人によって、まったく違いますから、その差を学びましょう。

 

どうやったら筋肉がほぐれるのか、逆に緊張してしまうのかを学びましょう。

 

ただのマッサージでは、もったいないですよ。

 

「ほぐし」と相性の良い和伝整体・基幹の型

整体って言っても、いろいろありますよね。

 

最初に経絡整体(和伝整体・柔法の基幹の型)を体験したのは、いまから15年以上前です。

 

今から思うとそれは「ゆらし系の整体」でした。

 

というか、「和伝整体」そのまんま。

 

でも当時はそんな知識はなく、セミナーで体験施術をしてもらい、

そのときはフローリングの固い床の上に直接寝て、受けました。

 

最初は固い床のせいで、楽じゃないな、床が痛いなと思っていたのですが、

施術を受けているうちに、だんだん気持ちよくなってきて、いや体の力が抜けてきて、

ついには寝てしまったのです。

 

しかも仰向けに、大の字になって!

体が硬い私にとって、それは信じがたい体験でした。

 

その先生は武術の先生で、じつはそのセミナーは整体のセミナーではなくて、

武術を日常生活に応用しましょうみたいなセミナー。

 

そこで、まず体の力を抜くために整体をします、と。

それも先生が施術するんじゃなくて、生徒同士が互いに施術しあうのです。

 

つまり、お互い素人どうしってことです。

 

で、その時の整体の技法が「和伝整体基幹の型」。

 

会が違うので、細かい点が若干違うのですが、基本的には同じゆらし系整体の基幹の型です。

 

ですから、私が「和伝整体」を学んだ時に、あれっ!これやったことある!って思いましたから。

 

そういう体験があったので、学んですぐできる、という講師の言葉も素直に信じことができました。

 

まあ、技法数が多いので覚えるのがたへんですけどね。

 

良い思い出です。

 

じつは、最初は軽くみてました

その基幹の型、最初はなめていたというか、軽く見ていたというか、どうせ初心者向けの簡単なものだろうと思っていたんです。

 

だから効果もそれなりだろうと。

 

でも、実際に体験してみて、そうではないことが分かりました。

 

確かに手技自体は簡単です。

 

講師の動作を真似てするだけで再現(?)できてしまうんですから。

 

そして、素人同士で施術しても心地よくなって寝てしまうんですから。

 

でも、それだからこそ凄いんです。

 

そんな効果のだせる整体手技って他にありませんよ。

 

実際にいろんな整体技法を見て、体験してきたからこそ言えるんです。

 

たいていの手技はその効果をだせるまでには相当な練習が必要です。

 

見よう見まねでやろうものなら、悪化させて終わりですからね。

 

改めて思います、自然効能系の整体技法はすごいと。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
当ブログの「望診」について

東洋医学というと、陰陽五行論をはじめ、気とか自然とか、観念論ばかりが目立ちます。

当会での望診で気を診る技術は再現性を重視、既存の東洋医学の理論とは一線を画すものとなっております。

イメージを排除し、あくまで出来るか否か、気とは、経絡とはなにか、その正体を追求します。

メルマガ登録はこちらから

気と経絡をダイレクトに感知するための望診法メルマガです。登録解除はワンクリックでできますので、ちょっと覗いてみようかなくらいの気軽な感じで登録していただければと思います。

カテゴリー
最新の投稿
最近のコメント
アーカイブ
東洋医療技術研究会 代表者名

現代表 勝木れい子(石川県金沢市 鍼灸師)

技術主任講師 吉田宜正(石川県 柔道整復師)

講師 岡田 (大阪府 整体師)

講師 水根 (兵庫県 鍼灸師)

講師 西域 (奈良県 鍼灸師)

 

相談役 古川正明先生(福岡)、熊坂護先生 (栃木)

記事執筆・メルマガ担当 前沢

会計担当 山田

勉強会風景
古代の望診法とは

古代に存在した「望診法」はダイレクトに気と経絡を見る技術だったのではないかと考えています。

3000年以上前の診察法の言葉に「望んで知る、これ神」という言葉があります。

この言葉は現代では、見ただけで診断ができるのは神様のようなものだ、という意味に解釈されています。

しかし、この言葉がつくられた(約3000年前)当時の「神」という漢字の意味は現代のような神様仏様のような意味ではなく、

神=自然(の気の流れ)という意味であったのです。

つまり、「望んで知る、これ神」の意味は、まず望診で気の流れを見ましょう、という意味であったのだと思います。

ですから、望診は診察手順の第1にくるのです。

四診合算という言葉があります。

望診、聞診、問診、切診の総合評価で証決定をしましょうという意味にとられています。

ですが、古代の望診のあり方を考えると、四診合算ではなくて、四診はその手順どおりに並んでいるだけです。

最初に望診で気の流れを把握しましょう、次に聞きましょう(聞診)、問いましょう(問診)、切(触診)してみましょう、と続いていくのす。

診察の手順としてまず望診ありきで、ここで患者の体のバランスが自然な状態(元の健康な状態)からどれくらい逸脱していて、どこに異常があり、どこが治療のポイントかを把握してしまいましょう、とうのが望診なのです。

ですから、望診というのは、神業だという意味ではなく、通常の診察手段として、最初に来るべきものなのだと考えております。

潜象界について

潜象界とは、現象界の対義語(造語)ですが、現象界は人がその五感で感じ取れる実体の世界のことです。それに対して、現象界とまったく同時に同じ空間に存在しながらも、五感では感じ取ることのできない世界を潜象界と言います。

潜象界はいわゆる「気の世界」であるとも言われています。

その潜象界からの情報は現象界で起こっている事象に先駆けて動き、その潜象界の動きが具現化されて、現象界で実体としての動きに繋がっているとされています。ただ、いまのところすべてが仮説であり、それを数値化、もしくは映像化して確認する方法がありません。

唯一、確認する方法があるとしたら、それは人本来がもっている原初感覚を呼び覚ますこと。

この原初感覚は気を実感として感知することが可能で、その原初感覚をもってすれば、潜象界での気の動きを捉えることができるからです。

その原初感覚を使った望診法が当ブログでいう「古伝の望診」なのです。

ページの先頭へ

google-site-verification: googlea0d5fb4a649950c2.html