気と経絡の研究会

○○病の治療法

経絡治療は経絡の変動の調整をする治療技法です。つまり経絡の変動がなければその適応症とはならない。

しかし、経絡の変動があればなんらかの効果はだせる。

それが、どのような病でも同じなのです。

つまり肩こりであっても経絡の変動をともなっていなければ、経絡治療の適応外、難病であっても経絡の変動があれば、なんらかの対処は可能で、変動経絡の調整ができれば、必ず良い結果がだせる。

病名そのものが問題ではないのです。

整体・整復術も同じです。歪みや亜脱臼があっても問題になっている場合とそうで無い場合がある。その歪みが自然律の範囲内であって直接、症状と関係無い場合はなんの効果も出せない時がある。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional