望診講座49 「望診、気と波動の違いは?」

「気は波動とは違うものですか?」   さて、難しい質問ですね。結論から言いますと気と波動は違うと思っています。   ただ、それを証明するためには気を定義しなければなりませんが、現時点ではそれができていません。 ですから、正確にはおそらく違うものだろう、としか言えません。   波動は定義から言えば、なんらかの媒体(例えば音波なら空気)が必要となります。   媒…

 この記事の続きを読む   


望診講座48 「気流診と易」

さて、遠隔望診を含め、気流診にはどんな応用方法があるのか?というご質問をいただいております。   前回、いまは言えません、と書いたからでしょうか(笑)   正直に言いますと、どんな応用方法がるのか私も模索中なんです。   で、例えばなんですが、易聖と呼ばれた高島嘉右衛門先生の著書を読んで思ったことを書きます。   「易とは神と人とが交話をする術であります。自…

 この記事の続きを読む   


望診講座47 「気の感じとはどんな感じ?」

1期生の方から、   「最近、望診で患者の体に黒いボールのようなものを感じることが多いです。ただ、陰、陽の判別がつきません~」といった内容でした。   回答   繰り返しになりますが、気滞はこんなにはっきりとは感知できません。   気滞はなんとなくそこにある、もしくはぼや~っとした感じでしか感知できないものです。   色や形、はっきりと輪郭をともな…

 この記事の続きを読む   


望診講座46 「気滞をとる治療の実際の流れ」

いただいたコメントに対する回答です。   「効果があったかどうか迷う、今後の予測に自信がない、それらを解決するための有効な指標として気の流れ、気滞の有無を利用していきたいです」   目指すところはまさに気流診の本道です。   いまの私の場合ですが、殆どの場合以下の流でみていきます。   まず気滞の有無を診ます。   ※これは必ずみます。気滞はない、…

 この記事の続きを読む   


望診講座45 「有川貞清先生のお言葉」

「有川先生のお言葉集」とはなんですか?ということでしたが、 これは望診法創始者の有川先生の直接のご指導内容を書きとめたものです。   ただ、望診がわかるようになってきたレベルでないと、なにを言われているのかさっぱり理解できないと思います。   もうひとつだけ有川先生のお言葉をいいます。   「望診(始原東洋医学)には流派はない。事実だけがある。人によって望診の結果が変…

 この記事の続きを読む   


望診法講座44 「経絡治療における刺激量の問題」

質問 私も以前より鍼灸を治療法と用いていますが、接触鍼でも変わる、経絡を考えなくても鍼を刺せば効果がある、 どう考えればいいかわからくなる時があります。   回答 まずは、ご質問ありがとうございます。   さて、この問題、私も同じように悩みました。結局、下手な経絡治療より刺激鍼のほうが効果が高いのでは? と考えたこともあります。   で、私なりの結論ですが、ようは適応…

 この記事の続きを読む   


望診法講座43 「鍼の刺激量について」

鍼灸の刺激量ってどれくらいが適当なんでしょうか やりすぎても過剰反応をおこし、筋肉が固くなります、足らなくてもほぐれません。   気滞を見て判断できますでしょうか?   というご質問をいただきました。   まず、施術の指標は脈や腹診、筋肉の硬軟などさまざまあるのでしょうが、 ここでは筋肉がほぐれたかどうかに基準を置いてお話します。   症状の改善はその場では…

 この記事の続きを読む   


望診法講座42 「症例 皮膚炎の治療」

皮膚炎の症例を1つ。場所は背中、左肩甲骨の下あたり(下の画像)。   もともとは腰痛治療で来院されたんでですが、皮膚炎はついてにということで。   赤い点と青い点に挟まれているところが皮膚炎の場所で、現在皮膚科でステロイド治療をしているが1か月経過してもおもわしくないとのこと。   望診の結果ですが、腰痛、皮膚炎ともに気滞は感知できませんでした。   ただ、…

 この記事の続きを読む   


望診法講座41 「白隠禅師 軟酥(なんそ)の法」

以前にお伝えしたことでもありますが、純粋な気滞とは、なにかそこにある、 という感じで色や形をともなうものではありません、と言いました。   それについてのご質問がいくつか来てますが、やはり区別がつかない、わからないといった内容が多いです。   さてそういったことで迷われている方は、気と物質(実体)と二極にはっきりと区別しなくてもよいのではとも考えています。   気の世…

 この記事の続きを読む   


望診法講座40 「鍼灸の接触鍼について」

「鍼灸で接触鍼と深鍼とでどちらがいいのか迷います。経絡治療など、 接触させただけで効果をあげている先生がおられますが、その反面、そんな鍼は効かないといって見向きもしない方もおられます。 本当のところはどうなのでしょうか」   これも私の私見となりますが、気滞や経絡の異常からくる症状には接触鍼でもかなりの効果が得られます。   でも、なかには経絡の異常をともなわない症状もあるんで…

 この記事の続きを読む   


1 2 3 15
当ブログの「望診」について

東洋医学というと、陰陽五行論をはじめ、気とか自然とか、観念論ばかりが目立ちます。

当会での望診で気を診る技術は再現性を重視、既存の東洋医学の理論とは一線を画すものとなっております。

イメージを排除し、あくまで出来るか否か、気とは、経絡とはなにか、その正体を追求します。

メルマガ登録はこちらから

気と経絡をダイレクトに感知するための望診法メルマガです。登録解除はワンクリックでできますので、ちょっと覗いてみようかなくらいの気軽な感じで登録していただければと思います。

カテゴリー
最新の投稿
最近のコメント
アーカイブ
東洋医療技術研究会 代表者名

現代表 勝木れい子(石川県金沢市 鍼灸師)

技術主任講師 吉田宜正(石川県 柔道整復師)

講師 岡田 (大阪府 整体師)

講師 西域 (奈良県 鍼灸師)

 

相談役 古川正明先生(福岡)、熊坂護先生 (栃木)

記事執筆・メルマガ担当 前沢

会計担当 山田

勉強会風景
古代の望診法とは

古代に存在した「望診法」はダイレクトに気と経絡を見る技術だったのではないかと考えています。

3000年以上前の診察法の言葉に「望んで知る、これ神」という言葉があります。

この言葉は現代では、見ただけで診断ができるのは神様のようなものだ、という意味に解釈されています。

しかし、この言葉がつくられた(約3000年前)当時の「神」という漢字の意味は現代のような神様仏様のような意味ではなく、

神=自然(の気の流れ)という意味であったのです。

つまり、「望んで知る、これ神」の意味は、まず望診で気の流れを見ましょう、という意味であったのだと思います。

ですから、望診は診察手順の第1にくるのです。

四診合算という言葉があります。

望診、聞診、問診、切診の総合評価で証決定をしましょうという意味にとられています。

ですが、古代の望診のあり方を考えると、四診合算ではなくて、四診はその手順どおりに並んでいるだけです。

最初に望診で気の流れを把握しましょう、次に聞きましょう(聞診)、問いましょう(問診)、切(触診)してみましょう、と続いていくのす。

診察の手順としてまず望診ありきで、ここで患者の体のバランスが自然な状態(元の健康な状態)からどれくらい逸脱していて、どこに異常があり、どこが治療のポイントかを把握してしまいましょう、とうのが望診なのです。

ですから、望診というのは、神業だという意味ではなく、通常の診察手段として、最初に来るべきものなのだと考えております。

潜象界について

潜象界とは、現象界の対義語(造語)ですが、現象界は人がその五感で感じ取れる実体の世界のことです。それに対して、現象界とまったく同時に同じ空間に存在しながらも、五感では感じ取ることのできない世界を潜象界と言います。

潜象界はいわゆる「気の世界」であるとも言われています。

その潜象界からの情報は現象界で起こっている事象に先駆けて動き、その潜象界の動きが具現化されて、現象界で実体としての動きに繋がっているとされています。ただ、いまのところすべてが仮説であり、それを数値化、もしくは映像化して確認する方法がありません。

唯一、確認する方法があるとしたら、それは人本来がもっている原初感覚を呼び覚ますこと。

この原初感覚は気を実感として感知することが可能で、その原初感覚をもってすれば、潜象界での気の動きを捉えることができるからです。

その原初感覚を使った望診法が当ブログでいう「古伝の望診」なのです。

ページの先頭へ