望診法講座30 「望診の練習題2」

画像を望診してみてください。   そこで、問題です。 この方は70歳男性で3年前に右臀部から右下肢の痺れと言う症状があり、複数病院で腰椎脊椎間狭窄症と診断をうけています。 さて、このかたの気滞はどこにあるでしょうか?   多少でも解説を加えていただけると嬉しいです。   では、回答をお待ちしております。     解答 たくさんの回答ありがとうござい…

 この記事の続きを読む   


望診法講座29 「望診に失敗した例」

正規受講者の方は当然ご理解されていることと思いますが、気滞には陽気滞と陰気滞があります。   この判別には磁石の+、-や手の形などを使いますが、それはあくまで補助です。   メインは「意念」なんです。   例えば、陽の気滞を判別する、という明確な意念をもち、意識を集中しないと気滞も感知できませんし、 陽か陰かの判別も難しくなってしまいます。   慣れてくると…

 この記事の続きを読む   


望診法講座28 「気滞の位置と治療点の相関関係」

こんな質問をいただきました。   「気滞の場所によって、反応点(治療点)のでる場所も決まっているのでしょうか?パターンはありますか?」   このお考えは非常にまずいです。危険です。   まず気の世界は多種多様であって、多く見られる方向性はありますが、定型パターンは1つとしてありません。   なので、毎回、新しい発見がある、というような心構えで望まないと、思い…

 この記事の続きを読む   


望診法講座27 「望診で感知できる気滞について」

先日のメールで一部、誤解があるようですので、訂正です。   気滞は「ただそこに、なにかが、ある」と感知されるもので、熱感、色、 なんらかの感触(ふわっとした感じ、ビリビリした感じなど)をともなわない、と説明しました。   ではそういった実感をともなうものは、すべて偽反応なのか、 役に立たないのかというと、そうではありません。   私も初期のころ、先生に「こういう感じが…

 この記事の続きを読む   


望診法講座26 「始原東洋医学 ~古典技術の追求~」

「この技術のルーツを教えてください」というご質問をいくつかいただいております。   この望診法の開発者は九州、鹿児島におられた外科医、有川貞清先生です。   ある日のこと、虫垂炎で運ばれた患者にとりあえず痛み止めの注射をしたところ、ありえない回復をしたそうです。   そのことを有川先生は非常に疑問に思い、どう考えてもあの注射が改善の要因としか思えない、 そしてその理由…

 この記事の続きを読む   


望診法講座25 「望診の練習題1」

こんにちは。 今日は気滞判別の問題をださせていただきます。       上記は腰痛の患者さんです。   腰に気滞がありますが、それは陽気滞でしょうか、陰気滞でしょうか、という問題です。   気滞が陽か陰かで施術ポイントが真逆になります。   同じように施術してしまうと、逆効果になってしまいますから要注意です。   なお、症状から…

 この記事の続きを読む   


望診法講座24 「望診とシミ取り2」

気流診を応用して「シミとり」に挑戦されている方がいまして、和伝整体の開業コースでオリジナルメソッドづくりにも参加されている方なんですが、シミとりをやってみたいということで始めました。   私としては最初はどうかな~って思ったんですね。   シミは病気じゃないので(笑)   でもまあ、やってみるもんですね、効果がだせるみたいです。   私も初めて知りました。シ…

 この記事の続きを読む   


望診法講座23 「望診とシミ取り」

望診法講座を受講されている会員さんからの報告を紹介させていただきます。   テーマは・・・   鍼灸、美顔鍼で顔のシミ取り、です!   まだ症例が少ないので、確実にこうなるとは言えませんが、実際にやってみると、効果がある!   こんな応用法はいままで考えていなかったので、ちょっとびっくりです。       (望診法メルマガより抜…

 この記事の続きを読む   


望診法講座22 「筋肉のコリと気滞」

患者さんは筋肉のコリをあまりに簡単に考えすぎています。   ほとんどの関節の痛みは筋肉のコリから始まり、それが強度になると関節の歪みを発生します。   つまり関節の歪みは筋肉のコリとも言えるんです。   微弱刺激の経絡治療や軽いマッサージでも関節矯正ができるのは、もともと歪みの原因が筋肉だからです。   でもこれ考えてみれば、当たり前なんですよね。骨と骨をつ…

 この記事の続きを読む   


望診法講座21 「歩行禅」

さて、突然ですが、みなさん歩けますか?   普通に歩けるよっていう方のほうが多いと思います。   でも1歩に30秒くらいかけて、ゆっくり歩いてくださいというと、たいていの方は 体がギシギシ、ふらふらとなるんですよね。   ゆ~っくり歩いても、重心が安定して歩ける方って以外と少ないです。   なんの話かといいますと、「気を見る」条件として、体の安定と脱力と前か…

 この記事の続きを読む   


当ブログの「望診」について

東洋医学というと、陰陽五行論をはじめ、気とか自然とか、観念論ばかりが目立ちます。

当会での望診で気を診る技術は再現性を重視、既存の東洋医学の理論とは一線を画すものとなっております。

イメージを排除し、あくまで出来るか否か、気とは、経絡とはなにか、その正体を追求します。

メルマガ登録はこちらから

気と経絡をダイレクトに感知するための望診法メルマガです。登録解除はワンクリックでできますので、ちょっと覗いてみようかなくらいの気軽な感じで登録していただければと思います。

カテゴリー
最新の投稿
最近のコメント
アーカイブ
東洋医療技術研究会 代表者名

現代表 勝木れい子(石川県金沢市 鍼灸師)

技術主任講師 吉田宜正(石川県 柔道整復師)

講師 岡田 (大阪府 整体師)

講師 西域 (奈良県 鍼灸師)

 

相談役 古川正明先生(福岡)、熊坂護先生 (栃木)

記事執筆・メルマガ担当 前沢

会計担当 山田

勉強会風景
古代の望診法とは

古代に存在した「望診法」はダイレクトに気と経絡を見る技術だったのではないかと考えています。

3000年以上前の診察法の言葉に「望んで知る、これ神」という言葉があります。

この言葉は現代では、見ただけで診断ができるのは神様のようなものだ、という意味に解釈されています。

しかし、この言葉がつくられた(約3000年前)当時の「神」という漢字の意味は現代のような神様仏様のような意味ではなく、

神=自然(の気の流れ)という意味であったのです。

つまり、「望んで知る、これ神」の意味は、まず望診で気の流れを見ましょう、という意味であったのだと思います。

ですから、望診は診察手順の第1にくるのです。

四診合算という言葉があります。

望診、聞診、問診、切診の総合評価で証決定をしましょうという意味にとられています。

ですが、古代の望診のあり方を考えると、四診合算ではなくて、四診はその手順どおりに並んでいるだけです。

最初に望診で気の流れを把握しましょう、次に聞きましょう(聞診)、問いましょう(問診)、切(触診)してみましょう、と続いていくのす。

診察の手順としてまず望診ありきで、ここで患者の体のバランスが自然な状態(元の健康な状態)からどれくらい逸脱していて、どこに異常があり、どこが治療のポイントかを把握してしまいましょう、とうのが望診なのです。

ですから、望診というのは、神業だという意味ではなく、通常の診察手段として、最初に来るべきものなのだと考えております。

潜象界について

潜象界とは、現象界の対義語(造語)ですが、現象界は人がその五感で感じ取れる実体の世界のことです。それに対して、現象界とまったく同時に同じ空間に存在しながらも、五感では感じ取ることのできない世界を潜象界と言います。

潜象界はいわゆる「気の世界」であるとも言われています。

その潜象界からの情報は現象界で起こっている事象に先駆けて動き、その潜象界の動きが具現化されて、現象界で実体としての動きに繋がっているとされています。ただ、いまのところすべてが仮説であり、それを数値化、もしくは映像化して確認する方法がありません。

唯一、確認する方法があるとしたら、それは人本来がもっている原初感覚を呼び覚ますこと。

この原初感覚は気を実感として感知することが可能で、その原初感覚をもってすれば、潜象界での気の動きを捉えることができるからです。

その原初感覚を使った望診法が当ブログでいう「古伝の望診」なのです。

ページの先頭へ