望診法講座22 「筋肉のコリと気滞」

目安時間4分

患者さんは筋肉のコリをあまりに簡単に考えすぎています。   ほとんどの関節の痛みは筋肉のコリから始まり、それが強度になると関節の歪みを発生します。   つまり関節の歪みは筋肉のコリとも言えるんです。   微弱刺激の経絡治療や軽いマッサージでも関節矯正ができるのは、もともと歪みの原因が筋肉だからです。   でもこれ考えてみれば、当たり前なんですよね。骨と骨をつ…

 この記事の続きを読む   

望診法講座21 「歩行禅」

目安時間5分

さて、突然ですが、みなさん歩けますか?   普通に歩けるよっていう方のほうが多いと思います。   でも1歩に30秒くらいかけて、ゆっくり歩いてくださいというと、たいていの方は 体がギシギシ、ふらふらとなるんですよね。   ゆ~っくり歩いても、重心が安定して歩ける方って以外と少ないです。   なんの話かといいますと、「気を見る」条件として、体の安定と脱力と前か…

 この記事の続きを読む   

望診法講座20 「望診のコツ」

目安時間6分

望診法のコツに関してですが、1つ。   創始者の有川先生は修得過程については語っておられません。   自然にできていたのでしょう。   体の使い方にしても「特に何もしなくて良い」としか言われていませんが、 私のような凡人にとっては体の使い方も重要なコツでした。   体に関しては、とにかく力み、緊張を緩める必要があります。   そして体の軸を保つ必要…

 この記事の続きを読む   

望診法講座19 「望診と視診の違いは明確」

目安時間4分

本日はご質問に対する回答です。   質問 視覚に頼らない、ということですが、では完全に目を閉じて望診したほうがよいのでしょうか?   回答 それは目の前に対象物(患者)があったとしても、遠隔望診と同じになってしまいますので、 より難度が高くなってしまいます。   遠隔望診の難しさは目の前に対象がいないので、対象が患者(人)であれば、 人型を想像しながら望診しなければな…

 この記事の続きを読む   

望診法講座18 「望診法で難しいのはイメージとの区別」

目安時間3分

  さて、望診法でもっとも難しいのは虚像と実像の見分けでしょうか。   もしかすると人によって違うのかもしれませんが、私の場合は最後まで、この見分けに苦しめられました。   虚像はいわゆるイメージ、想像です。   最近では瞑想などにもイメージを使う方法があるみたいですが、 想像はあくまで想像であって実像(実際の気滞)とはまったく違うものです。   …

 この記事の続きを読む   

望診法講座17 「形態と象徴 ゲーテと緑の自然科学」

目安時間4分

さて、「あるがままに見る」、「想像や思い込みの排除」に関してのご質問です。   そのあたりをもう少し詳しくということなのですが、 私が望診修得でもっとも難しく、最後まで苦しんだのが想像や思い込みです。   症状があるのだから気滞もあるだろう、 とか健康なんだから気滞などあるはずない、とか。   もしくは、こんな症状なんだからこの辺りに気滞があるはず、とか。 &nbsp…

 この記事の続きを読む   

望診法講座16 「不食の世界」

目安時間6分

※東洋医療技術研究会主催の勉強会に参加もしくはお問合せをされた方に送らせていただメールを記載しております。   さて、明日は現在唯一の講習会となっております「気流診」の勉強会です。   参加される方、明日よろしくお願いいたします。   繰り返しになりますが、東洋医療技術研究会は「気」の世界を研究テーマとし、 それを実技(整体、整復、鍼灸)の練習を通して学んでいくという…

 この記事の続きを読む   

望診法講座15 「気はイメージしてはいけない」

目安時間5分

気の感知能力は後天的に身に着けるものでは無くて(例えば特殊な技術やビルダーのような筋肉など)、 もともとあった能力を発現させるだけと書きました。   その感知能力の発現を邪魔しているのが以下の3つ。   1、余計な緊張(力) 2、余計な思考 3、余計な意識   さて、3つ目の意識ってどういうことですか?というご質問をいただきました。   これはいわゆるイメー…

 この記事の続きを読む   

望診法講座14 「望診法と身体操作」

目安時間6分

NHK総合で日本の伝統芸能という番組をやっていました。 日本舞踊を青木崇高(俳優)さんが学ぶという番組でした。   その番組の中で、舞踊のお師匠さんの言ったセリフが印象的でした。 「若いうちは体が硬いから、修業をしていく中で柔らかくしていくんだ」   普通は若いと体は柔らかい、ということになりますよね。   でもそれは単純な関節の可動域や筋肉のコリ、硬さのことではなく…

 この記事の続きを読む   

望診法講座13 「望診のコツ 超重要!」

目安時間7分

今回は正規受講者様と共有のメルマガです。   もったいぶるわけではありませんが、本メールはとっても重要です!   秘中の秘といっても過言ではありません。   それくらい重要です。   さて日常の望診練習についてですが、有川先生は練習方法についてはなにも残されませんでした。   ですが、有川先生のエピソードの中でひとつだけ気になることがありました。 …

 この記事の続きを読む   

当ブログの「望診」について

東洋医学というと、陰陽五行論をはじめ、気とか自然とか、観念論ばかりが目立ちます。

当会での望診で気を診る技術は再現性を重視、既存の東洋医学の理論とは一線を画すものとなっております。

イメージを排除し、あくまで出来るか否か、気とは、経絡とはなにか、その正体を追求します。

メルマガ登録はこちらから

気と経絡をダイレクトに感知するための望診法メルマガです。登録解除はワンクリックでできますので、ちょっと覗いてみようかなくらいの気軽な感じで登録していただければと思います。

カテゴリー
最新の投稿
最近のコメント
アーカイブ
東洋医療技術研究会 代表者名

現代表 勝木れい子(石川県金沢市 鍼灸師)

技術主任講師 吉田宜正(石川県 柔道整復師)

講師 岡田 (大阪府 整体師)

講師 水根 (兵庫県 鍼灸師)

講師 西域 (奈良県 鍼灸師)

 

相談役 古川正明先生(福岡)、熊坂護先生 (栃木)

記事執筆・メルマガ担当 前沢

会計担当 山田

勉強会風景
古代の望診法とは

古代に存在した「望診法」はダイレクトに気と経絡を見る技術だったのではないかと考えています。

3000年以上前の診察法の言葉に「望んで知る、これ神」という言葉があります。

この言葉は現代では、見ただけで診断ができるのは神様のようなものだ、という意味に解釈されています。

しかし、この言葉がつくられた(約3000年前)当時の「神」という漢字の意味は現代のような神様仏様のような意味ではなく、

神=自然(の気の流れ)という意味であったのです。

つまり、「望んで知る、これ神」の意味は、まず望診で気の流れを見ましょう、という意味であったのだと思います。

ですから、望診は診察手順の第1にくるのです。

四診合算という言葉があります。

望診、聞診、問診、切診の総合評価で証決定をしましょうという意味にとられています。

ですが、古代の望診のあり方を考えると、四診合算ではなくて、四診はその手順どおりに並んでいるだけです。

最初に望診で気の流れを把握しましょう、次に聞きましょう(聞診)、問いましょう(問診)、切(触診)してみましょう、と続いていくのす。

診察の手順としてまず望診ありきで、ここで患者の体のバランスが自然な状態(元の健康な状態)からどれくらい逸脱していて、どこに異常があり、どこが治療のポイントかを把握してしまいましょう、とうのが望診なのです。

ですから、望診というのは、神業だという意味ではなく、通常の診察手段として、最初に来るべきものなのだと考えております。

潜象界について

潜象界とは、現象界の対義語(造語)ですが、現象界は人がその五感で感じ取れる実体の世界のことです。それに対して、現象界とまったく同時に同じ空間に存在しながらも、五感では感じ取ることのできない世界を潜象界と言います。

潜象界はいわゆる「気の世界」であるとも言われています。

その潜象界からの情報は現象界で起こっている事象に先駆けて動き、その潜象界の動きが具現化されて、現象界で実体としての動きに繋がっているとされています。ただ、いまのところすべてが仮説であり、それを数値化、もしくは映像化して確認する方法がありません。

唯一、確認する方法があるとしたら、それは人本来がもっている原初感覚を呼び覚ますこと。

この原初感覚は気を実感として感知することが可能で、その原初感覚をもってすれば、潜象界での気の動きを捉えることができるからです。

その原初感覚を使った望診法が当ブログでいう「古伝の望診」なのです。

ページの先頭へ

google-site-verification: googlea0d5fb4a649950c2.html